スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び社会批判

今日、自転車で近くのスーパー行った帰りに、人身事故の被害者になってしまいました。
信号のないY字路のような交差点で、私は優先道路の直進で、相手は一時停止側からの右折でした。
道路左側の横断歩道を自転車で渡っている途中で、左側から右折しようとしていた車に当てられてしまったんです。
常に周りの車の動きには警戒していて、特に交差点ではギリギリかわせる間合いを取ることを心掛けていましたが、今回は自分の予想よりも相手がブレーキを掛けるタイミングが遅かったため、避けられませんでした...
自転車はフロントフォークが少し曲がってしまったようですが、体の方はちょっと打撲した程度で済んで良かったです。

相手は60歳くらいのおじさんでしたが、右に曲がりたいのに左しか見ていなくて、右側はほとんど見ていなかったようです。
こういう人、本当に多いんですよね!自転車で走っていると、危ない運転の人が本当に多いのが良く分かります!
狭い路地から左折するときも、一時停止もせず、右側を全く見ずに平気で出てくる人。左折しようとして、右から来る車ばかり気になって、左は全く見てないのに、左方向にどんどん進んじゃってる人。歩道を歩いている人や自転車など、全く無視ですよね!
警察の事情聴取で「あなたに過失はありませんが、あえて落ち度があったとしたら、それはなんですか?」と聞かれ、「他人を信用しすぎたことです」と答えたら、警察も確かにそうですねと苦笑いしていました...

今回の事故は、相手側の不注意が大きな要因ですが、人間には間違いやミスは付き物なので、それを前提にした仕組みを作っていくことが必要だと思いますが、そうなっていないことが世の中多すぎることに根本的な問題があると思います。

歩道がなく、道路の端いっぱいに建物や壁がある交差点が浜松には沢山あります。
道路右端を歩く歩行者や自転車からは、交差点からボンネットの先が出てこないと車が来ていることが分からない上に、車の運転者からは、たとえ停止線の手前で止まったとしても、ボンネットの長さだけは交差点に進入しないと左右が見えず、歩行者や自転車の存在に気付かないのです。

歩行者が交差点直前だった場合、自分からわずか数十センチのところに突然車が出てくることになります。
歩行者だったら止まれると思いますが、自転車だったら?あるいは走ってくる子供だったら...
その時、運転者が左側を注視していれば事故は起きないかも知れませんが、右側から車が来ていないか確認することだけに気を取られていたら...

両者がミスをしなかったら事故にはならないでしょうが、いつだって、誰だってミスをすることはあります。
本来、こんな危険な交差点を作ったこと、分かっているのに放置していることに問題があると思います。
そこには運転者や歩行者のミスに対する余裕度など全くありません。
以前に運転免許更新の講習で、交通事故は全て運転者の不注意により発生していると言わんばかりの内容で頭にきましたが、ちょっとミスしただけで事故になるような交差点、もっと言えば事故を起こすように罠を仕掛けたような交差点を放置しているのは、いったい誰なんでしょうか!?
そっちの方が、はるかに罪は重いと思うのは私だけでしょうか?

もしも、こういうところで出会い頭の事故など起こしたら、交差点の構造など全く問題にせず、双方の過失で片づけられるんでしょうけどね。
極端な話、地雷を踏んだら、地雷を仕掛けたヤツより踏んだヤツの方が注意不足で過失があると言っているのと同じじゃないでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ : 最近の出来事
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミクン

Author:トミクン
TR-PROJECTラジコン的ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
World-翻訳-EX
powered by 3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。