スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発

先日近くのガソリンスタンドにガソリンを入れに行ったら、1台あたり20リットルまでしか給油できないと言われました。
浜松でも給油制限が掛かっているとは思っていませんでしたので、ビックリしました。
浜松より西の地域は、西日本より仕入れているため給油制限はないそうで、浜松までが制限区域になっているようです。

ところで、福島原発の事故は未だに収束する目途が立っていない上に、相変わらず放射能を噴出し続けていて、野菜や牛乳、海水にまで放射能が検出されるありさまに...
政府や東電は、基準値を超える放射能なのに「直ちに健康に影響を及ぼすものではない」とか歯切れの悪いことを言っていますが、本当に健康に影響がないのか疑問に思っている人は沢山いると思います。
下記のサイトで、原子炉設計者による福島原発事故や、放射能の影響などに関する会見の動画が配信されています。
原子力資料情報室というNPO法人が開催した会見で、浜岡原発運転差し止め裁判の原告側弁護士も務めている河合弘之氏も参加されており、かなり信頼性の高い内容だと思います。
専門の科学者が話す内容ですが、一般の人にも分かりやすく説明されていますので、身を守るための知識として知っておいた方が良いと思います。

3/21日17時30分からの会見内容:http://www.ustream.tv/recorded/13472627
放射能の体への影響について:http://www.ustream.tv/recorded/13473951
原子力資料情報室:http://www.cnic.jp/
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

救世主スバル元首様の必要性

- 元のメッセージを隠す -
 今回の、東北での過去にない大地震・原発の危機(安全性があると言っていたのに、即、放射能に汚染されている現状がある。しかし、政府は、状況を隠すだけである。)
政府は、AOKのホームページで、タヌマの預言・アイクルテンの預言を何回も読んで、全てを理解していても、何も動かない! 動かなかったが故の、今の惨状である。
  私自身も、弱くて、救世主の必要性を強く感じながらも、今まで何も出来なかった一人だったが、もう弱さを捨てて立ち上がる事を決意した!
このままでは、復興どころか、もっともっともっと、世の中は悪化するだろう。
  一人一人が立ち上がり『救世主スバル元首様』を、世に引っ張り出す動きをとることしか、救いはない!!
もう、時間がない。
プロフィール

トミクン

Author:トミクン
TR-PROJECTラジコン的ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
World-翻訳-EX
powered by 3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。