スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験

先日OAナガシマに行ったら、インテルCore i3のCPUとmsiのマザーボードとメモリ2GBx2がセットで19,800円で売ってました!
Windows2003Serverを無理やりインストールして、一応「サーバー機」として使用しているDellのVostroデスクトップが、あまりに遅くて不調なので、もう少しましな「サーバー機」を作るため、この特価セットを購入することに。

10年くらい前にベアボーンキットで購入した、Pentium4CPUのGigaByteがあるので、この中身を置き換える目論見でしたが、電源のコネクタが古い20ピンで、CDドライブもIDEのタイプだったので、こちらも一緒に購入する必要があり、5,000円の追加出費になってしまいました。

レジに行くと「今、ZOA倶楽部会員になると、入会金500円で月額300円の会費が掛かりますが、今回分も3,000円の値引きが適用できて、3か月後には解約も可能です。」とのこと...ということは今回だけ会員特価で購入したとしても、1,600円はお得になる計算なので、とりあえず会員になることに。
さらに500円の会員割引券も今回から使用できたので、3か月間会費を払っても2,100円もお得になり、CDドライブ分はチャラになった感じです。

家に戻って、まずはGigaByteの分解からです。
中身を全部取出し、電源、マザーボード、CPUをセット...と、ここまでは順調でしたが、前面パネルのUSB配線をマザーボードに接続しようと思ったら、コネクタのピン数が違う!しかも配線の並びも違うみたい!!
10年一昔と言いますが、時代は変わっていますね...
まあ、前面パネルのUSBは使わないか!と思いつつもコネクタからピンを抜いて、マザーボードの配列に合わせて刺し直しました。
続いて、電源スイッチを配線しようと思ったら、またまたコネクタのピン数と配列が全然違います!
しかもIDEのようなコネクタを使っていて、簡単にはピンが抜けそうにないです...
仕方がないから、マルツ電波に行ってコネクタを購入。マザーボードの配列に合わせて配線し直しです...

ここまで配線をいじったのは初めてでしたので、ちゃんと動くか心配でしたが、恐る恐るスイッチを押してみると...動きました!
ちゃんと電源ランプも点いて、ハードディスクの赤いLEDも点滅します...良かった!

で、次はWindowsServer2008のインストールです。
Microsoftから試用版をダウンロードしてあったので、そのDVDを使ってインストールです。
サーバーOSとは言え、インストールは勝手に進んでくれますから待つだけです。

とりあえず、インストールは完了。
ここからはグレーゾーンです...知人から貰った「Windows Loader」というソフトの"実験"です。
Windows Loaderを立ち上げ、マザーボードなどのメーカー名をセットし、「Install」ボタンをクリックして1分ほど待つと、再起動の指示が...
再起動ののち、コントロールパネルのシステムの画面にある「Windowsライセンス認証」を見ると...
「○○日以内にライセンス認証を行ってください」の文字が消え、「Windowsはライセンス認証されています」に置き換わっています!

もちろんこれは、実験です...実験成功の報告でした。
実験してみたい方はコメントください。
「実験機材」をメールで送ります。
ちなみに、Windows7でも実験成功しています。

20110730-1.jpg

20110730-2.jpg
スポンサーサイト

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

トミクン

Author:トミクン
TR-PROJECTラジコン的ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
World-翻訳-EX
powered by 3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。