スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会批判

昨日は自動車免許更新のため、運転免許センターに行ってきましたが、めちゃくちゃ混んでいました!
駐車場はほぼ満車で、受付は階段の上まで行列が!
受付して、視力を測って、更新料を払うまでに1時間以上掛かりました!
昨年の11月と今年の6月にスピード違反で捕まりましたので、この後で2時間講習です。
ゴールド免許だったのに。。。

講習はまず、酒気帯びひき逃げ死亡事故のシリアスなドラマを見てから、安全運転教本の講習です。
ドラマはかなりシリアスな内容だったので、居眠りしている人は少なかったですが、講習はさすがに眠い!
眠気と闘いながら、ボーっと聞いていると、交通事故は全て運転者の不注意により発生していると言わんばかりの内容に、いささかムカムカしてきました。
ちょっと意見を言わせてもらっても良いでしょうかと、何度も言いたくなりましたが、1分でも早く帰りたいと思っている人がほとんどなので、ここは我慢しました。
その代わりに、ブログでちょっと社会批判をしてしまいます。

運転者も人間ですので、どんなに集中して注意していても、不意に起こる事態への対処には限界があります。
静岡県西部地方は静岡県内でも事故がダントツに多いそうで、追突と出合い頭の事故が特に多いとのこと。
対策としては街頭での安全運転指導や取り締まり?交差点での減速?危険な道路への再認識?
はたして運転者が注意していれば防げた事故ばかりでしょうか?
そのような分析をしているとは到底思えない講習内容でした。

いつも思うんですが、なぜ路肩ギリギリまで建物やフェンスを建てるんでしょう?
ほとんどの乗用車は全長4mくらいで、運転席はその中央にありますので、路肩ギリギリまで建物があると、2mは道路に出ないと安全確認が出来ないことになります。
歩道が無い道路だと、2mも出たら片側車線をほとんど塞いでしまいます。
静岡県西部地域はこういう道路が多いような気がしますが、これをなぜ問題視しないのでしょうか?
このような、自動車の構造をほとんど考えていないような道路を作っていることも、道路設計上の「不注意」であると私は思いますが、皆さんはどのように思われますか?

更新料を支払う時に、交通安全協会にご協力をと言われたので使途を聞くと「交通安全運動などの啓蒙活動」に使われるとか。
もしも、運転免許を持っている全ての人から毎年400円の「啓蒙活動」費を徴収していたら、もの凄い金額ですよ!
全員が払っている訳ではないとしても相当な金額です!そこまでお金を使った「啓蒙活動」とは、どのようなものなんでしょうかね?
「啓蒙活動」だけでなく、公平な視点から見た、具体的な対策にお金を掛けてもらいたいものです。
そういう使途なら、協力は惜しまないのに。
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

トミクン

Author:トミクン
TR-PROJECTラジコン的ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
World-翻訳-EX
powered by 3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。